バーチャルキャラクター

バーチャルキャラクターに業務を依頼してみませんか?

今やバーチャルキャラクターはただ単なるエンターテイメントの領域を超え、
採用や広報・マーケティングなど幅広い分野で活用しています。

  • 自社やサービスのキャラクターを制作したが活用しきれていない
  • PR活動のコストを削減したい、品質を安定させたい
  • 遠方の展示会に移動時間をかけていくのはタイヘン
  • そもそも撮影や編集はどうしらたいいのかわからない
  • トータルでの費用感が想像できず不安…
  • キャラクターのイメージはあるけど具現化できない…
  • 新しいターゲット層の開拓で若い世代へのアピールを考えているが、煮詰まってしまっている…

企業の業務効率化支援を得意とする私たちだからこそ、バーチャルキャラクターを活用した課題解決が可能です。
以下では、バーチャルキャラクターをどのように活用するのかについて解説します。

できること

バーチャルキャラクター

広報や採用担当者として機能

今まで人が行っていた広報活動や採用説明のフェーズをバーチャルキャラクターで代替させることも可能です。

コミュニケーション

双方向コミュニケーション

バーチャルキャラクターを活用すると、発信者側と視聴者(ユーザー)間でのコミュニケーションが発生するため、一方通行ではなく双方向型のコミュニケーションを生み出すことができます。

youtube

動画配信

バーチャルキャラクターは動画との相性がバツグン!Youtubeはもちろん、Tiktokやツイッター、フェイスブックやインスタグラムなどの通常投稿や動画、ライブ、リール投稿なども実施可能です。

導入のメリット

ポイント1

広報活動にかかる工数削減

今まで企画立案や撮影など広報には費用だけでなく多くの工数もかかっており担当者の負担は大きいものでした。
inxRでは担当者様、企業、エンドユーザーの視点で最適なご提案を行い、ご希望に合わせて、上流の企画設計から下流の運用、改善までを並走いたします。

効率化

ポイント2

担当者変更のリスクがない

毎月人事異動のシーズンになると、担当者の変更や退職などが免れません。
その際に、特定の個人に依存していたコンテンツの場合、傾向が変わってしまったり、そもそもの運用が危うくなる恐れが発生します。
バーチャルキャラクターやVTuber、アバターであれば担当者の人事異動や退職のリスクが軽減されます。

担当者変更

ポイント3

各種SNSとの相性がいい

YouTuberやアバターは各キャラクターが個性を発揮し、ブランディング、イメージ付けが行えるためツイッターやフェイスブック、インスタグラム、Tiktokといった各種SNSでユーザーのファン化に強みを発揮します。

SNS

ポイント 4

匿名性がある

昨今、人気YouTuberや動画配信者がこぞって運用のアバター化を宣言。
またプライバシーや炎上のリスクを回避するため顔出しや現在地が指定されにくいバーチャルキャラクターやアバターの需要がさらに高まってきています。

匿名性

ポイント5

自社ブランディングやロイヤリティの向上

双方向型のコミュニケーションを行えるため、自社のロイヤリティの向上やイメージ戦略、ブランディングなどにも役立ちます。各キャラクターにファンがつくことでその他、販売促進や広報戦略などにも横展開することが可能です。

ブランディング

ポイント6

コスト削減

通常の広報活動であれば、企画コンセプト設計、キャスト手配や撮影、運営費などが発生します。自前で行うことも可能ですがその際でも撮影機器などの初期費用が発生し、さらにはクオリティや工数に懸念点が残る場合も多いです。

コストカット

制作事例(一部)

3D バーチャルキャラクター

2D バーチャルキャラクター

VTuber(2D)
提供:(ご連携企業)株式会社LINXEED 様

実際のお声

 

スキルだけでなく、汲み取る力が長けていると感じたためリピートしようと思いました。その他のコミュニケーションやスピードもお願いしたいと思った理由の一つです。(旅行宿泊業界 代表)

 

「ディレクション」がものすごく丁寧で、弊社代表も感動を覚えておりました。(広告マーケティング業界 取締役)

 

仕事の進め方やレスポンス、アウトプットの質が素敵だなぁと尊敬しています^^(HR業界 次長)

せっかく作ったキャラクターを動かしてみませんか?

inxR独自独自技術のイラスト丸投げサービスイラスト丸投げバーチャルキャラクター


どういうサービスか

既存の企業やサービスの公式キャラクターにバーチャルキャラクター設計を行うサービスです。

こんなお悩みをお持ちの方にオススメです

  • せっかく会社やサービスのイメージキャラクターがいるのに、活用できる範囲が限られている
  • キャラクターのイラストデータしかないがVTuberとして活用できないだろうか
  • バーチャルキャラクターの活用ありきでキャラクターデザインを依頼しないといけない
  • 動作は最低限でいいのでコストを抑えたい
  • 次の展示会で人の代わりに接客してほしい
  • 一度自社でVTuberを作ろうとしたが、企画が途中で頓挫してしまったまま

「イラスト丸投げバーチャルキャラクター」の特長

必要なものは
イラストデータだけ!

フォルダ

静止画だったキャラクターが
動く!!

再生ボタン

コストも期間も
抑えられる!!!

貯金箱

「イラスト丸投げバーチャルキャラクター」のご利用の事例(一部)

オンライオン(静止画)
元々の画像データ(静止画)
動作設計を行った後(動画)

「イラスト丸投げバーチャルキャラクター」ご利用のお声

興味があるので話だけでも聞いてみたい、費用感を知りたい、というような内容でもお気軽に

よくいただくご質問

その業務、
VRやARで効率化するかもしれません。

  • アナログな業務を効率化したい
  • 人件費や移動時間を削減したい
  • 潜在顧客にアプローチしたい
  • 課題に対し、上流から最適な解決策を提案してほしい

業務効率化からコスト削減、デジタルマーケティング支援など、課題にあう解決策はあるのか、ミニマムでの開発をして欲しい、費用感が知りたいというような内容もご安心ください。
まずはお気軽にご相談ください。

ふわっとした依頼や費用感が知りたいだけでもOK

お電話でのお問い合わせはこちら

070-4519-7127

※ お電話には出れない場合がございます。